にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

 「トイプードル自宅でトリミングDVD」


トイプードルの歴史


4db7fe96.jpg
プードルは非常に古くからヨーロッパで人気があり、特にフランスの貴族の間で人気が高かった事から「フランス原産」などとされている場合がありますが、実際の起源は不明とされています。

ただ、紀元前からいたらしい?という説もあります。
紀元前の彫刻にプードルそっくりのものがあるのだとか。
ただ、プードルかどうか本当のところはわかりませんよね。
一般的には「フランス原産」とされているところを多く見かけます。

トイプードルはスタンダードプードルをどんどん小型化されて作られた犬種です。
16世紀頃からフランスの上流階級の間で人気が高まり、その頃から小型化されるようになりました。
トイプードルとしては、18世紀後半頃から作出されるようになったと言われています。

しかし、どんどん小型化していったのは、イヌ作りの職人といわれるイギリスだと言われています。
そして、アメリカで現在の形のトイプードルの作出に成功しました。
現在、日本のトイプードルは、このアメリカ型の影響を受けていると言われています。

日本にトイプードルが一般的になってきたのは昭和三十年頃。
そして、現在人気の犬種ナンバーワンとなりました。

トイプードルはフランス、ドイツ、イギリスなどのヨーロッパで発展し、アメリカで現在のトイになり、日本に渡ったのではないでしょうか。

「プードル」という名前の由来はドイツ語のPudel(プデル)で、水がはねる、バチャバチャする、からきていると言われいます。

地中海沿岸の土着犬「バーベット」という大型の、水鳥などを捕るウォータードッグ(水中作業犬)が先祖犬でではないかと言われています。
この「バーベット」はビションフリーゼの先祖犬とも言われています。
ビションフリーゼとトイプードルのホワイトはよく似ていますものね。

これらの事から、ヨーロッパのウォータードッグを祖先に持ち、鴨の回収に使われるなど、水辺での狩りに優れていたのだと思います。

トイプードルのサイズ、大きさ


 JKC(ジャパンケネルクラブ)によると、

●スタンダード・プードル
・体高:45cm〜60cm。+2cmまで許容される。
・体重 16s〜25s 前後
 
●ミディアム・プードル
・体高:35cm〜45cm。
・体重:8s〜15s 前後
 
●ミニチュア・プードル
・体高:28cm〜35cm。
・体重:6s〜7s 前後

●トイ・プードル
・体高:24cm〜28cm(理想は25cm)。-1cm間で許容される。
・体重:3s〜4s

※トイプードルの中で以下の小さいコ達を「ティーカップ」「タイニー」などと呼びますが、正式な分類はされていません。登録上は全て「トイ」です。

・タイニーサイズ(3kg未満)
・ティーカップサイズ(2kg未満)

本来プードルは体重で大きさを決めるものではなく、サイズはあくまでも「体高」で決めるべきものです。
体高が高ければ必然的に体重は重めになります。

taikou.jpg
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。