にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

 「トイプードル自宅でトリミングDVD」


犬の熱中症の症状


●熱中症とは、体の熱を外に放出できずに、体温が上昇してしまう機能障害です。

[症状]

・初期症状は、浅く早い呼吸。ハアハアと舌を出してパンティング。
暑いところにいるときに、普段、家の中を動き回ったり、ゆっくり散歩したりしている際の呼吸数と同じ程度のハァハァと浅く早い呼吸になっていたら、その時点ですぐさま涼しい場所に移動して休ませましょう。

・さらにひどくなると、目や口の中の粘膜が赤くなる。ぐったりしてくる。

・よだれを垂らす。嘔吐や下痢をする。筋肉の震え・けいれん発作、ふらついて倒れてしまう。

※熱中症は後遺症が残る事もありますから、応急処置で元気になったように見えても、できるだけ早く獣医さんを受診しましょう。

犬は汗をかかない。
人間より一枚多く服を着ているようなもの。
人間より気温の高い地面に近いところにいるので、地面からの放射熱を受けやすい。
‥などから犬は暑さにとても弱い動物なのです。

夏だけではなく、春から熱中症の危険はありますが、多くの飼い主が春は熱中症に意識がいっていないようです。
春から、特に車の中では、愛犬の熱中症に気をつけましょう。


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。